TWOSEED ホームページ  ateliertwoseed.com

2014年7月18日金曜日

きっかけ

「ウエディングパーティーのスペシャリストにならない?」

今から20年前、その当時働いていたカフェの店長に話をもらった。


その当時、この地区では最先端のオシャレなカフェ。

外国のようにオープンカフェでお茶もお食事も愉しめるお店。


毎日本当にたくさんのお客様が来ていた。



フリーターになりたて、大好きなカフェで働けるなんて夢のようだった。


オープンカフェと花屋が融合しているなんとも魅力的なお店の厨房で

働き、フリーターの私は結婚式の二次会準備にちょうど勤務時間が重なっていた。


普段カフェにそう顔を出していなかった社長は元料理人だったと聞いている。


レストランウェディングがオシャレ最先端って時代に入ったとこだったな~。


結婚式はありきたりな披露宴会場で。。。

そのあと二次会でオシャレ最先端カフェで。

だったのだろうね


社長も張り切ってた記憶が残ってる。


そんな二次会準備中にこうしたほうがステキじゃん♪

なんて盛りつけられたお料理に勝手に手を加えてルンルン、ワクワクしていたわたし。




そんな勝手な行動がどうやら社長の目にとまったらしく


数日後、店長に「ウエディングパーティーのスペシャリストにならない?」

「中心になってやってってほしいんだけど」

って話をいただいた。



結局は受けなかった話なんだけど、

その「きっかけ」が今でも「やりたいこと」の想いの原点となってる。

そんな何気ない「きっかけ」が

「ウェディングプランナーになりたい」「企画がしたい」

そう思うようになり、

長い間続いている。



結婚から始まるまた新たな人生。


いつしか「結婚」に関わるだけでなく

そこから始まる人生の楽しみ・悲しみ・喜び・辛さ・・・イロイロある人生に

触れていたいな~って想うようになっってたんだよね。


そんな想いを強く抱きながら過ごした30代。

30代後半には「プランナーの勉強はじめて、40代には活動を始めるから」

なんて宣言して日々をすごしてた。


実際では30代後半でTWOSEEDを始め、ウェディングとかけ離れたとこで

活動。。。


「アレレ???」って思う時もあったケド

遠回りでもなんでもない

必要で不可欠な歩みなんだな。


自分で創り上げるすばらしさ。

人にオススメするなら自信を持って勧めれるものが絶対!


自分の好きと思うもの。

自分がイイ!って物や事をオススメすること。


いいねを

分かち合うこと。

とても嬉しいと思えてる。


そんな中

分かち合えないこと。

受け入れられないこと。



全部ひっくるめて、受け止めることを学んだナ。


そうしながら自分らしさを身につけ

どう表現していくか。

どう発信していくか。


どう関わりたいのか。

何をどうしたいのか。



とても見えてきている。



今でも想いは「きっかけ」をもらった時ころから

やっぱり変わっていない。


原点は変わらないけど、過ごした時間と起きた出来事で

より深く、幅広くなったかな。

「誰に」ってのは少し変化してきた気がするんだよねぇ



変わらない想いがありつつ変化していく歩み。

「ウェディング」への夢とやりたいコト。


枝分かれしているいろんな方面のことも

実は全て一直線上に繋がっている。


少しずつ少しずつ、やりたいコトに関わらせてもらえるように

なってきて、

本気で「感謝」が込みあげてる。


TWOSEEDのきっかけをくれた

親友だった彼女にも!



いつも絶妙なタイミングで共感し合えて背中を押してくれる

ちょこっと上の姉さんに感謝!!


で、


ありのままをぜーんぶ、受け止めながらも

否定もちゃんと面と向き合ってしてくれて

同等な立ち位置で歩んでくれてる

パートナーに。。。


「すっごくありがとう。これからもヨロシク!」


なーんてね♪


そして

一緒に今を愉しんでるみんな

「これからもどんどん愉しんでいこーね☆」
























0 件のコメント:

コメントを投稿